わかりますん。 自由に好き勝手な感じで行きたいし生きたい 
カテゴリー内記事一覧 (下のものほど古い記事です)
スポンサーサイト
--/--/-- --:--
黒いアレ
2015/05/12 17:33  トラックバック(0)  コメント(0)
ふゆこみかん
2014/08/02 22:45  トラックバック(0)  コメント(0)
--/--/-- --:-- 【スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/05/12 17:33 【短編
 即興小説トレーニングというサイトでお題を貰い書き上げた物です。

 制限時間は15分




―――――――――――
『黒いアレ』


 お腹が空いた為、家を出る。
 美味しそうな匂いに誘われ飛び出したは良いが……それは失敗だった。
 目の前には良く見かける人、こいつはいつもはほとんど動かないので、寝ていたのかもしれない。
 だが今、眼前に居るそいつは奇声を上げている。

 あ、危険――。

 生命の危機を感じ、一目散に逃走を図るが……。
 以外にもそいつは、奇声を上げるだけで、こちらに攻撃してくる事は無かった。
 ただ、こちらから一度も視線を逸らさずに、何かを探しているらしい。
 一度止まってその様子をチラっと見た後、大きな建物の影に滑り込む。
 建物の中は光が遮られ、暗闇が支配している。

 あ、危なかった……。

 最近越してきた自分の部屋に戻る。
 ここは日差しこそ良くないが、近くにいろいろ揃っている。
 その為、生活するには申し分ない環境だった。
 ただし、仲間内の噂では、家から出ていったきり帰って来ない者も居ると聞く。
 さっきの奴が原因と言う仲間も居た気がするが、間違いでは無いのかもしれない。
 この辺りには川は無いが、一度入ったら抜けれない沼もあると聞くし……。
 お腹は空いてはいるが、身の安全が一番だ。もう少し時間が経ってから出歩くか……。

 ブシイイイイイイイイ!!

 けたたましい音と共に外から、白い霧が流れ込んできた。
 周りを囲まれたが、視界を奪われただけだった。
 ふむ、異常はないのかもしれない。
 少し眠くなって来たので、お出かけはまた今度かな。
 今度出る時は、あいつに出会わないように祈らなきゃ……――。

―――――――――――


 お題は【どうあがいても虫】でした。
 15分で書いた初めての物になります。
 たまに書いているので、ぼちぼちと上げて行けたらいいですね。
トラックバック(0)  コメント(0)
2014/08/02 22:45 【短編
これもまた前に書いたやつです。
テーマは「冬コミ」「みかん」…まんまですねー
5000字以下なのでSS扱いになるっぽい?
まぁそんな感じ

以下本編



「なんだっていうのよ・・・」

 周りに聞こえないように小声で呟く。人生初参加の冬コミで、コミケの洗礼を今まさに受けているらしい。
 1時間以上並んでいるハズなのに一向に目的の売り場には届こうとしていない。
 ただ私はクロノスの冬コミ限定のCDとストラップが欲しかっただけなのに…こんなに並ばなきゃいけないなんて…
 周りを見渡しても私と同じような状況の子が沢山居るらしい。
 ただそのほとんどが友達と一緒に並んでいるのがちょっとうらやましかったりする。

 私はただ一人で並んでいたのだから―。

 私も一人で冬コミに来たのではない。高校の友達と3人で来たのだが、あとの二人はBLと呼ばれるジャンルが大変お好きらしく、そっち関係の物を買いにいってしまった。
 BLに興味がない私は必然的に一人で回る事になったんだけど、人の多さ、気迫など…主にコミケに参加してる人達に圧倒され目的の場所に来るのに手間取ってしまった。
 ここへ着いた時にはもう2列の長蛇の列が作られていた。会場内を移動している時は場違い感を凄く感じた―。

 そもそも私はオタクと呼ばれる人種じゃないと自分では思っている。ただ少しニコニコ動画を見るのが好きで、歌ってみたで活躍しているクロノスが冬コミで出店するって聞いたから初めてコミケというものに参加しただけなんだ。
 で、売られている物には興味もないし、ここの中を見て回ろうとも思わない。ここに並んでる子達はそういう子が多いんじゃないかな?とか勝手に思っている。
 まぁ他の歌い手も出店してるからそこを見て回るくらいでさっさと帰ってしまおうと思っているところだ。

 あとさっきから気にはなっていたんだけど、隣に並んでるデカイのはなんなのだろう?この列に居る子達は女子中高生と思われる人達がほとんどだ。
 隣のデカイのは明らかにそのカテゴリから外れている。服装はミリタリーって言うのかな…軍人さんが着るような服を全身に纏い。黒っぽいリュックを背負っているし、靴もごっついブーツを履いている。赤色のニット帽を深く被りマフラーをつけている為表情は見えない。
 この人もクロノスのファンなのかな?見た目からはそうは思えないんだけど…と―

 ぐぅ~

 この時いきなり私のお腹が鳴った。周りの人にも聞こえる大音量で…だ。
 ヤバい…超恥ずかしい…
 顔から火が出るんじゃないかと思えるほど顔面が熱くなっていくのを感じる。周りからはクスクスと笑い声が聞こえていた。
 ここに居るのがすごく辛くなった。おうちかえりたい…

 「あー・・・お腹すいたな~」

 その時、隣に居たデカイのが男性とも女性とも言えない中性的な声でいきなり独り言を始めた。
 周りの視線もおのずとデカイのに集まりだす。
 
 さっきのデカイ腹の音はお前か―と。
 一瞬なにが起こったのか分からなかった。
 なんでこの人はわざわざ周りに聞こえるように言ったんだろう…

 ――ああ、なるほど…――この人は私を庇ってくれたのか。

 私が下を向いて赤くなっているところを一番近くで見ていたのはこの人だった。
 勝手に変な人と決めつけていたけれどこの人は見た目より全然優しい人なのかもしれない―。
 無意識にその人を見つめていたら目が合ってしまった…ような気がした。
 思わず全力でそっぽを向いてしまう。
 あー…ちゃんとお礼とか言えるような性格になりたい…そんな事を考えていた。

 「あのーよければこれ食べません?」

 驚いた事に向こうから話しかけてきた。
 いつの間に取りだしたのか、手に持ったみかんをこちらに差出しながら…

「…へあ?」

 状況が掴めず真っ白な頭で変な返事を返してしまった。これまた恥ずかしい…
 よく見るとその人はマフラーの上からでも笑っているのが分かった。
 この人は私の事を心配してくれていたのかな…周りからは私は変な人に絡まれた一般人という風に見られているのかもしれない。
 ただ私はそんな変人扱いされている事を気にせず、私の心配をしてくれるその人が単純に凄いと思った。

「あ、ありがとうございます…」

 みかんを受け取った私に満足したのか大きくウンウンと頷く。
 リュックから手慣れた動作でもう一個みかんを取り出し自分でも皮をむき始める。

「あ…これ美味しい…」

 貰ったみかんは本当に美味しかった。
 お腹がすいていた事もあったかもしれないけど、今まで食べた中で一番美味しかったかもしれない。

「でしょー?これウチのおじーちゃんが作ったやつなんだよ。」
「へー…そうなんだ。いいなぁ。」
「いいでしょー。」

 あまり表情は分からないがニコニコして楽しげなのが伝わってきた。
 凄く柔らかい感じの話し方をする人だなぁ。見た目とギャップありすぎる…

「あたし、ミカンって言うんだー。あなたは?」
「あ…私はイチカ…です。」
「イチカちゃんねー。イチカちゃんはコミケとか来るの初めてなん?」
「初めてだよー。こんなに寒いとは思わなかった…」
「最初はそんなもんだよー。ホッカイロ余ってるからあげるよ。」
「え…いいの?ありがとう!」

 驚いた事にデカイの…いやミカンは女の子だった。
 背が高くて見た目がアレだったので男かと思ってた…。
 一人で並んでいた私にとって話相手が出来た事は本当にありがたかった。
 先ほどまで無言でずっと堪えていた時に比べると列もサクサク進んでいるように思えた。
 この時はもう周りの目とか完全に気にしていなかった。

「ミカンさんはクロノス好きなの?」
「ミカンでいいよー。あたしクロノス大好きでさーニコ動もクロノスの為にプレミア入ったようなもんだし。」
「あはは!マジでー。」

 いつの間にか打ち解けていた。
 私の場合、学校や周りの友達にクロノスの事で話せる人が居なかったからミカンとの話は凄く楽しかった。

「お待たせしましたー。注文票配りまーす。欲しい商品の個数と合計金額の記入をお願いしまーす。」

 忙しく駆け回ってる売り子の人から注文票を貰う。
 しまった…。ペンなんて持ってきてない…。

「ほい。ボールペン。」
「あ、ありがとう…。」
「いえいえー。困った時は助け合うのが人間だしね。」
「あははー。人間て…ボールペンありがとう。」

 素直にこの人は凄いなーと感じていた。
 最初に感じていた変な人のレッテルは完全に自分の中から消え失せている。
 ただ趣味の合う新しい喋り相手が出来たのが嬉しかった。
 そんな事を考えていると自分の番になった。

「ストラップとCDね。来てくれてありがとう!」
「あ、はい。がんばって…」

 クロノスのボーカルのあっくんにギュッと握手をして貰ったのが嬉しすぎて、あっくんの顔をマトモに見れず…小声で頑張ってとしか言えなかった。私ダメ過ぎだろ・・・。
 そうして貰った袋を手に、嬉しいけど悲しい複雑な心境で列を離れる。

「はぁー。やっと買えた…」

 マトモに喋れなかった事は一旦忘れて、目的の物を買えた事に対する安堵感が一番大きかった。
 そういえばミカンはちゃんと買えたのかな?と店の方を見てみると―。

「―アレ…誰だよ…」

 思わずそんな言葉が口から漏れた。服装からしてもミカンに間違いないのだが、赤いニット帽を今は取っている。
 さらさらロングの黒髪美人が今まさに商品を貰って喜んでいる所だった。
 あっくんとギュっと握手を交わしてこちらに向かってくるのが見えた。

「イチカー。目的の物買えた?あっくんと喋れた?あたし全然喋れなかったよー。」
「あ、私も全然喋れなかった…てかミカン…ニット帽取ると別人過ぎ…あっくんと喋れなかったのもショックだったけど、そっちのがデカかったよ。」
「何それー。」

 意外なほど自然に言葉が出てきた自分にびっくりした。
 もっと何も言えなくなると思っていたのに、今日初対面の人にこんなにも楽しげに喋れている事に。

「さて、そろそろ別の所行かなきゃね。」
「あ…そうなんだ。」

 急に寂しくなってしまった。そうだよね。―もともとここで初めて会っただけの人だし。

「あーイチカ。アドレス交換しない?あたしイチカともっと話したい。一緒にクロノスのライブとか行けたら楽しいと思うんだけど…ダメかな?」
「え…いいよ!もちろん!いいに決まってるじゃん!」
 
 必死すぎる自分にちょっと引いた。
 それでもミカンはアハハと笑っていてくれたので少し救われたのかもしれない。
 
 そうして私は冬コミで出会ったミカンと別れた。
 ミカンと別れた後は、元々一緒に来た友達と合流場所に指定していた出口へ向かう。

「もしもーしアケミ?今どこいるの?」
「あー!イチカ電話おっそい!繋がらなかったから心配してたんだよー。もうユキと一緒に出口いるから速攻来なさいよ!」
「…」
 アケミに一方的に切られた。
 まぁ欲しい物をゲットしたなら早く帰りたいのはわかるけどね。
 出口まで来るとアケミとユキが大きな紙袋を下げていた。紙袋にデカデカと描かれていた物についてはあえてツッコまないでおこう…
 合流した私たちはその足で駅へと向かいヘトヘトになりながら各々の家へと帰った。

 家に帰ってから速攻でミカンにお疲れメールを送った。
 お腹が鳴った時に助けてくれた事にお礼の内容を織り込んで―。


 大晦日が過ぎ、正月が過ぎ退屈な冬休みになり、冬コミに行って起きた事は思い出になりつつあった。
 今でもミカンとの関係は電話で話したり、メールで連絡を取ったりと続いている。
 それと2月にクロノスのライブがある。
 そのライブに二人で一緒に行く事も約束している。
 ライブに行く前に服を一緒に買いに行ったりしてもいいかもね。
 さすがにあの格好は…などと考えながらニヤニヤしている自分。

 私が初めて参加した冬コミで得たものは―
 大好きなバンドのグッズと今後も付き合って行くであろう大切な友達が一人。

 そういう意味では初コミケは大成功だったと思う。
 今度夏コミについてミカンに聞いてみようかな。
 まぁそれはまた別の話―。



 こんな感じ
 他の作品はぴくしぶとかTINAMIなどで掲載してます。
トラックバック(0)  コメント(0)
プロフィール

えるむ

Author:えるむ
おつかれさまです。一杯いかが?
水ですけど……

水って美味しいですよね。
白いご飯と豆腐も好きです。
モチはあんまり得意じゃありません。

フリーのシナリオライター稼業やってます。
お仕事募集中です。
ジャンルは問いませぬ。
御用の際は下記アドレスまでお願いします。
emuromi3★yahoo.co.jp

ついったー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
カテゴリー
ブログ内検索
過去ログ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。